2010年10月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:01 Oct 28 2010

人民元2%以上の引き上げ、6割以上の輸出企業に影響

 中国の輸出企業に行った調査で、輸出企業の6割以上が、人民元の対ドル相場が2%以上引き上げられると輸出にマイナス影響が出ると答えたことがわかった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 今回の調査は、企業間取引に関する雑誌を発行している米グローバル・ソーシズ社が輸出企業239社を対象に行ったもので、電気通信製品や家庭用品、トレンドファッション、アパレルなど様々な業界が対象となっている。うち、半数以上は広東省、24%は浙江省、14%は福建省の企業。

 調査では、60%の企業が為替相場が変動すれば受注が落ち込むと懸念を示し、そのうち8%は人民元の切り上げによって業務に深刻な影響が出るとした。その一方で、22%の企業は特に影響はないと答えた。

 人民元が2%以上引き上げられると輸出が減少すると答えた企業は3分の1以上に上った。32%の企業は3%の切り上げで影響が出るとしたが、年内に人民元が3%以上引き上げられることはないとの見方を多くの企業が示した。

 注目したいのは、人民元の切り上げ対応策として、30%の企業が国内貿易に目を向けていることだ。人民元の影響を回避するため、30%の企業は輸出商品の価格を上げ、少数ではあるが1ドル=6.6元のレートで輸出価格を見積もっている企業もあるという。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年10月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古