2010年10月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:24 Oct 28 2010

「十二五」期間のホテル産業に3つの課題 商務部

 商務部商貿服務管理司の邸建凱司長が27日述べたところによると、今年の中国のホテル産業は国際金融危機による苦境から基本的に脱出し、回復・好転の局面を迎える。だが、第12次五カ年計画(2010-15年、「十二五」)期間中には▽構造的な問題点が徐々に顕在化すること▽全体的なサービスの質に改善が必要なこと▽コストの上昇、という3つの課題に直面することが予想されるという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 邸司長は次のように述べた。

 具体的にいうと、中国のホテル産業が直面する課題には次のようなものがある。

 構造的な問題点が徐々に顕在化する。ハイエンドホテルの客室稼働率は極めて低く、一部の企業は経営を維持できるだけの利益を上げていない。ローエンドホテルには小旅店、招待所などがあり、一般的に規模が小さく、経営が分散しており、管理が後れている。

 ホテル産業はなお全体的なサービスの質や管理の水準を改善する必要がある。企業のサービスのあらゆる場面に関わることだ。

 人材コストの上昇、石炭・水・電力・ガスの値上がり、不動産価格の上昇が、ホテル業界全体にとって大きな圧力となっている。

 十二五期間中、中国ホテル産業は政府部門と協力して関連の計画をしっかりと練り上げ、全体的なモデル転換とグレードアップを達成し、現代型のホテル産業をうち立てる必要がある。このほか、政策面での支持を積極的に勝ち取ること、構造の効果的な調整を促進すること、エコロジーに配慮したグリーンホテルの建設・創設に力を入れること、企業の省エネ効率の向上を促進すること、サービス手段を全面的に刷新すること、業界の情報化の発展を促進すること、独自ブランドの育成を加速させること、企業のチェーン経営を促進すること、サービスの質の改善に努めること、サービス水準の向上を促進することなども必要だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年10月28日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古