2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:31 Nov 03 2010

中国人労働者が「世界で最も影響力ある人」に

 「中国人労働者」が米金融誌「スマート・マネー」の2010年版「世界で最も影響力ある人ランキング」入りを果たした。昨年に米誌「タイム」で「今年の人」に選ばれたのに続く快挙で、「中国人労働者」は世界経済で最も強大なパワーの一つとされた。「環球時報」が伝えた。

 「スマート・マネー」は米ダウ・ジョーンズ社の発行。同ランキングは今月26日に発売された号に発表された。ランキングには政治、産業、金融・ウォール街、不動産、健康・医学の5分野がある。今回特に注目を集めたのは「中国人労働者」が一つのグループとして再びランク入りしたことだった。同誌の記事によると、数億人規模の中国人労働者は世界経済で最も強大なパワーの一つだという。

 同誌記事は次のように指摘する。

 今年は中国人労働者の多くが欲しかったものを手にした。より多くの給料やより快適な労働環境だ。あるアナリストによると、こうしたシンプルな事実が、米国や欧州で「メードインチャイナ」製品の価格を広範囲に上昇させる可能性はあるが、給料が上昇したことにより中国国内の消費が一層拡大され、輸入の伸びがもたらされると考えられるという。

 こうしたことと同時に、労働力コストの上昇を受けて、多くの企業がベトナムやカンボジアなどで安い労働力を探さざるを得なくなり、その結果として、中国人労働者は製品のグレードアップにより多く力を入れるようになりつつあるという。

 産業ランキングで「中国人労働者」とともにランク入りしたのは、マスターカード・インターナショナルのアジェイ・バンガ社長、ゼネラルモーターズのダニエル・アカーソン最高経営責任者(CEO)、アップルのスティーブ・ジョブズCEO、BPのロバート・ダドリーCEOといった、ビジネス界のトップたちだ。

 「中国人労働者」は2009年にグループとして初めて「タイム」の「今年の人」に選ばれた。当時の同誌記事によると、中国経済は世界を牽引して経済復興へと向かわせた。これはまず中国の勤勉でねばり強い幾億人の一般労働者の功績に帰すべきだ、という。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年10月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古