2010年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:38 Oct 29 2010

高速鉄道で競う中国と日本

 上海と杭州を結ぶ滬杭高速鉄道が26日、正式開通し、日本のメディアもこれに注目した。日本の産経新聞は27日付で「滬杭高速鉄道は日本の新幹線の“模倣”」や「巨額の公共投資で景気の底上げも狙ったが、中国では格差の拡大に歯止めがかからない」などと報じた。光明網が伝えた。

 北京-天津、武漢-広州、上海-南京、上海-杭州等の相次ぐ高速鉄道の開通に、日本人は特別な感情を抱いたようだ。産経新聞の報道はまさにこの感情を代表したものといっていい。この記事を書いた記者は、「新型CRH380A型列車は“国産”と“銘打っている”が、実際にはデザインも技術も日本の“模倣”」と中国の高速鉄道をけなしている。

 この記事は、今年5月に東海旅客鉄道(JR東海)の葛西敬之会長が英フィナンシャル・タイムズ紙の取材で、「安全を軽視し、外国企業の技術を“盗用している”」と中国の高速鉄道を非難した件を思い起こさせる。葛西会長は「中国の高速鉄道が安全を軽視し限界まで速度を出している。われわれは絶対にそんなことはしない」と語った。

 これに対し、中国の鉄道運輸部は、「中国の現在の高速鉄道技術は世界的にも総体的にもトップクラスにある。中国の高速鉄道の海外進出戦略により、多くの国が島国である日本とは違った高速鉄道技術を望んでいるのを目の当たりにし、日本企業は感情的になっている」と反撃した。実際には時速350キロメートルというのは中国の最高設計時速であって、すでに開通した高速鉄道を例にあげると、実際の運行速度は時速270-300キロに抑えられ、路線によっては時速200キロで運行している。

 JR東海の会長がこのような発言をした背景には、同社がねらう米フロリダ州とテキサス州のプロジェクト、さらにロサンゼルスとラスベガスを結ぶ高速鉄道路線がある。後者の入札には中国企業も関係している。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古