2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:48 Nov 03 2010

中国のGDP成長率 今後2年で9%に鈍化

 金融危機が過ぎ去った後、米国、欧州連合(EU)、日本からなるG3経済体がレバレッジ化し、深層レベルの構造的問題に向き合うという背景の下で、中国経済はどれくらい速いペースで成長を遂げられるだろうか。今後10年間の中国経済は毎年10%の国内総生産(GDP)成長率を達成できるだろうか。「中国経済時報」が伝えた。

 中国に対して悲観的な見方をする一部の人々は、これからのグローバル経済の成長の鈍化と、来るべき人口構造の変化を理由として、今後10年間、中国経済の成長率は大幅に低下するとの結論を下す。その一方、中国に対して楽観的な見方をする人々は、政府が内需拡大に力を入れており、中国はなお経済発展の初期段階にある(都市化水準と工業化水準にはなお発展の余地がある。特に面積が広く、発展の後れた中・西部地域には大きな発展の余地がある)ことを指摘し、少なくとも今後10年間の中国経済は10%の成長ペースを維持するとの見方を示す。

 この問題は非常に重要なことだ。成長ペースの違いは、企業利益の伸びと大口商品ニーズに大きな差が出ることを意味するだけでなく、政策の制定や予測にとっても重要な意義をもつ。潜在的成長率を10%とすれば、8%の成長ペースが非常に低く感じられ、刺激政策がうち出される可能性がある。一方、潜在的成長率を8%とすれば、政策の立脚点はまったく違うものになる。

 予測によると、2011年と2012年の中国のGDP成長率は約9%に達するが、今後30年間の潜在的成長率は7.8%に低下する見込みだ(2016-2020年の平均は7%の見込み)。現在の市場レートで計算すると、2020年の一人あたりGDPは1万3千ドルを超えることが予想される。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古