2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:15 Nov 03 2010

人民元の偽札識別機、来年5月から新基準

 偽物対策を進める全国防偽標準化技術委員会が2日明らかにしたところによると、2011年5月から人民元の識別機に新たな国家基準が適用される。新基準には、これまでのような「偽物で偽物を判別する」という受け身の姿勢から、「本物で偽物を判別する」という主体的な姿勢への転換を可能にする技術の進展が反映されているという。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 国家質量監督検験検疫総局(質検総局)と国家標準化管理委員会の承認を受けて、国の強制基準「人民元識別機汎用技術条件」(GB16999-2010)が来年5月1日から適用される。これは中国の偽造通貨を取り締まる金融ツールの標準化プロセスにおける重要な一歩であり、反偽造通貨金融ツールの研究、開発、生産、使用を進展させるものであり、市場参入と運営管理の基礎的作業とにおける重要な措置でもある。

 中国人民銀行(中央銀行)貨幣金銀局の陳宝山・元巡視員によると、2011年に実施される人民元識別機の新国家基準には12の技術的特徴がある。最も重要な技術的進歩は、従来の偽物による偽物の識別という受け身のメカニズムを土台として、これに本物による偽物の識別という、主体的な防止や自動的な識別を可能にする新しい理念を加えたことだ。

 新国家基準の技術研究開発に携わった梓昆科技(杭州)有限公司の顧梓昆董事長(会長)は次のように説明する。1997年に制定された「人民元偽札識別機」関連基準の基本原理は、偽物で偽物を識別することで、識別機に各種偽札の特徴を読み込ませ、これらの特徴がないかどうかをみるというものだった。新しい基準の基本原理は、本物で偽物を識別するというもので、本物と違うごくわずかな特徴でもあれば、機械が警告を発するという。

 公安部経済犯罪偵査局の責任者・張レイ飛さんによると、ここ数年来、偽札事件が頻発しており、規模も拡大する傾向にある。今年1-9月には約1200件が摘発され、うち約900件が検挙された。偽札犯罪には主体のグループ化や組織化、団体化といった傾向がみられるという。(編集KS)

 *レイ:左に「令」、右に「羽」

 「人民網日本語版」2010年11月3日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古