2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:30 Nov 03 2010

「中国人の購買力に日本が震撼」に心がけるべきことは?

 「不動産見学ツアー東京5日間」や「三井不動産の物件見学ツアー」、「中国個人企業家の不動産視察団」といった日本の不動産に関係する中国人ツアー団体やビジネス団体がしきりに日本を訪れ、その驚くべき購買力に、日本の政府関係者や社会が目を見張っている。「中国新聞網」が「日本新華僑報」の記事として伝えた。

 経済成長にともない、国民所得も増加した中国。特にこの30年で中国に富裕層が増えたことに加え、人民元の通貨価値の上昇により、相対的に中国人の購買力が高まっている。経済のグローバル化と地域経済の一体化、科学技術と交通の発達に伴い、中国人が国外に出かけるようになった。それは豊かさだけでなく、世界各国の結びつきが緊密になったこととも関係がある。資本移動の活発化がそのいい例だ。

 購買力は、商品購入または労働に対して通貨を支払う能力、或いはある一定の期間の商品購入に用いられる通貨総額のことを指す。購買力を決定する主な要素は収入で、収入の高低が直接購買力の大きさを決定する。今の中国人は昔とは比較にならないほど豊かになった。懐が暖かくなれば自然と心地よい生活を求めようになり、国内投資だけでは飽き足らなくなる。そこで海外の高品質なサービスへのニーズが高まってくる。経済先進国の日本は中国からほど近く、高級品が豊富に揃っていることから、自然と中国人が目を向ける。

 消費と投資は、経済成長を牽引する力の源泉であるため、高度経済成長を後押しする過程で大きな力をもつ。多くの中国人観光客や投資家の訪日は、低迷の続く日本の経済にとって大きなプラスとなる。中国人観光客でさえ、中国人の日本での購買力に驚きを隠せない。空港の免税店はどこもかしこも中国人でごったがえし、街中には中国人観光客専門にサービスを扱う免税店まである。店内では中国人スタッフが対応、もちろん中国の銀聯クレジットカードが使え、銀聯カードの利用客に割引サービスを行っている店もある。中国人に一番の人気商品はなんといっても電子製品。その買い方は消費に消極的な日本人とはまるで対照的だ。こうした中国人の購買力が日本の内需をけん引し、日本経済の景気づけに一役買っていることは間違いない。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古