2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Nov 05 2010

中国にインフレは存在していない 発改委専門家

 国家発展改革委員会(発改委)マクロ経済研究院の元副院長で、発改委マクロ経済研究院研究員、中国人力資源開発研究会会長を現在務める劉福垣氏は先般、近ごろの中国の物価上昇について言及し、「中国にインフレは存在していない」との考えを示した。

 これは、劉福垣氏が10月30日に北京で開催された「2010アジア経済協力フォーラム」の席で述べたもの。

 劉福垣氏はその中で、「物価の上昇は内需拡大の反応の1つに過ぎない。年間3-5%の物価上昇、10%前後のGDP上昇、15%前後の給与上昇、1-2%の通貨価値の上昇は正常だ。中国が強国になる過程で、物価上昇と通貨価値の上昇は避けることのできない問題である」と語った。

 劉福垣氏は、現在の中国の価格形成メカニズムは合理的だとし、人為的に物価を抑えようとしても効果はないと指摘した。給与伸び率が物価上昇率を上回ればよく、低所得層の負担増については、政府による最低社会保障の水準引き上げのための支出を拡大することで対応でき、また、物価の上昇は産業構造の調整にもプラスだという。

 さらに、「物価上昇率が合理的かどうかはGDP成長率を見ればわかる。物価上昇率が給与伸び率の3分の1、GDPの2分の1であれば合理的と言える。この基準で見れば、中国に現在インフレは存在していない」と述べた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年11月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古