2010年11月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:34 Nov 10 2010

今年の物価指数、3%の上昇率やや上回る

 国家発展改革委員会の張平主任は9日の全国石炭作業会議で、今年の消費者物価指数(CPI)は3%の上昇率をやや上回るとの見方を示した。新華社が伝えた。

 張氏によると、今年はいくつかの方面で目立った問題がみられる。そのうちのひとつが物価で、年初に政府は年間3%の上昇率目標を制定したものの、現状からすると、想像していたより厳しい状況になるという。

 自然災害や国際的な要因の他、国内の流動性の緩和や投機的売買が物価を引き上げる主な原因となっている。現在、国家発展改革委員会は国内の物価情勢の変化に注目しているという。

 「われわれは物価情勢の変化に注意している。今年の物価指数は年間3%の上昇率をやや上回るだろう。われわれは少しの油断も許されない。農産物や食品など庶民の日常生活に欠かせないモノの価格は特に注意が必要だ」と張氏は強調した。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年11月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古