2010年11月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:32 Nov 12 2010

10月貿易黒字額、年初来2位の高水準

 税関総署は10日、2010年10月の貿易統計を発表した。これによると、10月の輸出入総額は前年同月比24%増の2448億1千万ドル。うち輸出額は前年同月比22.9%増の1359億8千万ドル、増加スピードは前月比2.2ポイント下落した。輸入額は同25.3%増の1088億3千万ドル、増加スピードは前月比1.2ポイント上昇。10月の貿易黒字額は271億5千万ドルに達し、今年に入り2番目の高水準となった。「経済参考報」が伝えた。

 ソウルG20首脳サミット開幕前日の貿易データ公表だったことから世間の注目を集めた。業界は総じて、輸出超過が高水準を維持する状況で、人民元切上げ圧力が今後一層高まり、対ドル人民元為替相場の変動幅もさらに拡大すると予想している。また、対欧米貿易の貿易黒字増加によって、欧米諸国、とりわけ米国は、対中貿易圧力をさらに高めると予想される。

 分析機関は軒並み、10月に貿易黒字が大きく拡大した主要因として、輸入の縮小幅が輸出より大きいことを挙げている。総額から見て、10月の輸入額は前月比192億8千万ドル減少したのに対し、輸出額は90億1千万ドルの減少にとどまった。これにより、貿易黒字が大幅に伸びる結果となった。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年11月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古