2010年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:48 Nov 15 2010

野菜価格が前年比62%上昇 日韓野菜不足も影響か

 商務部によると、11月上旬、全国36の主要都市で18種類の野菜の平均卸売価格が昨年より62.4%、年初より11.3%上昇し、1キロ当たり3.9元に達した。

 商務部市場運行司の王炳南司長は、野菜価格高騰の原因について、次のように説明した。
 
 一、 異常気象の影響。春に気温が低く、北部地域の野菜の生産量や品質、市場に出回る時期に影響が出た。雨季には、南部地域と北部地域の一部が豪雨や洪水などに見舞われ、野菜の成長、収穫及び輸送に困難が出た。

 二、 コストの増加。今年に入ってから、農業用ディーゼルオイル、農業用フィルム、農薬などの価格が上昇し、労働コストも上昇し、流通業の従業員の給与は2割増となった。

 三、 野菜の需要の増加。国民の食品消費における野菜の割合が絶えず上昇し、2009年の野菜消費量は2001年より24%増加し、6億200万トンに達した。

 四、 価格の吊り上げ要素。09年上半期以降、ニンニクやしょうがなどの価格が吊り上げられ、11月上旬のニンニクの価格は前年同期比95.8%上昇、しょうがは89.5%上昇した。

 五、 農産品の国際価格上昇による影響。近ごろ、大口農産品の国際価格が全面的に上昇し、日韓などは野菜の供給不足に陥った。これがある程度、中国にも影響を及ぼしている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年11月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古