2010年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:56 Nov 16 2010

投資機会が最も多い国に中国 日・米・欧は低迷

 投資家は先進国より中国やブラジル、インドといった新興市場に投資機会が多くあるとみており、リスクテークも大きいことが14日、米金融情報大手ブルームバーグの調査で分かった。中国紙、法制晩報が伝えた。

 ブルームバーグは世界の投資家、アナリスト、証券ディーラー1030人を対象に調査を実施。最も大きな投資機会がある国・地域について、中国を選んだ人は3割を超え、首位に立った。その後にはブラジル、インドが続き、いずれも3割前後だった。

 アナリストによると、中国にこれほど支持が集まったのは、急速な経済成長のたまものだという。先月発表された中国7-9月期の経済成長率も9.6%という高水準を維持し、支持者の期待を裏切らなかった。

 一方、先進国の米国は投資家らの心を引き付けることはできず、わずか23%で上位3カ国入りを逃した。米国が順位を下げた理由としては、米連邦順美制度理事会(FRB)による6千億ドル(約50兆円)の米国債追加購入計画を懸念する声が回答者から聞かれた。

 このほか、投資機会が最も少ない国・地域については、欧州連合(EU)が4割近くで首位に立ち、その後に日本(30%)、米国(24%)、英国(22%)が続いた。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年11月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古