2010年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:09 Nov 16 2010

日本経済の「好調」は一時的なものか? (2)

 デフレが依然として障害に

 これと同時に、日本はデフレのプレッシャーに直面している。「ワシントンポスト」は、「様々な兆しが、日本経済の成長が短期的なものでしかないことを示している。もし第4四半期もプラス成長を維持できれば、それはただの『幸運』としか言えないだろう。新興経済体の経済成長は比較的速いが、インフレの圧力が人々の購買力を制限している。日本企業の在庫も増加するだろう。このほか、円高は何度も輸出企業の最低ラインに触れており、日本の高い失業率(5%)も過小評価はできない。つまり、デフレは経済発展を妨げる最大の障害だと言える」としている。

 ゴールド・マンサックスとバークレイズ・キャピタルは、日本経済は第4四半期に「大きく下落」するだろうとしている。第3四半期のデータが発表される前にブルームバーグが行ったアナリスト21人に対する調査では、日本経済の第3四半期GDP成長率は2.5%、第4四半期は2.2%に落ち込むだろうとの予測を出している。アナリストは、政府の経済刺激策が終了すれば、経済は停滞するだろうとの見方を示している。

 先月、日本政府は630億ドルの経済刺激資金を投入した。小企業と地方経済へのサポートが目的で、GDP成長を0.6ポイントほど引き上げると見られている。日本政府はまた、デフレ脱却に向けた金融緩和を日本銀行に働きかけており、日本銀行は先月以降、ゼロ金利政策を維持すると同時に、5兆円を出資して国債やその他の資産を購入する計画を打ち出した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年11月16日

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古