2010年11月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:33 Nov 17 2010

貿易黒字は引き続き減少 貿易摩擦が常態化?

 今年10月の貿易黒字は271億5千万ドルで、前月比103億ドル増加した。これを受けて、商務部の姚堅報道官は(1)10月の輸出増加率は前月より低下しており、対外需要の低迷がその主な原因だった(2)輸入は予想を下回り、特に加工貿易の増加率は18.6%にとどまって輸入全体の増加率を6.7ポイント下回った、との2点を指摘し、「この2つの要因が10月の貿易黒字を目立って拡大させた静態的な要因だ。通年でみれば、貿易黒字は引き続き減少する見込み」と述べた。

 最近、中国が反ダンピング・反補助金調査の対象となっていることについて、姚報道官は次のように述べた。中国の貿易額が世界全体の約10%を占めるという状況の中で、中国が両調査の対象となったり貿易救済措置に直面したりするのが常態化するおそれがある。その背景には国同士の競争や企業間の競争が反映されている。中国は自国企業が国家間の競争、企業間の競争、産業間の競争に参与することを支援すると同時に、相互利益の要求に基づいて、海外の産業との協力も促進していく。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年11月17日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古