2010年11月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:33 Nov 17 2010

ネットユーザー討論 この10年値上がりしていない8項目 (8)

 8:車:一般家庭に普及

 10年前、車は「ぜいたく品」の代名詞で一般的な中国人にとっては高嶺の花だった。「10年前、VWサンタナの販売価格は18万元で、当時の販売業者は『車に割引はない、全国統一だ、買いたければ買えばいい』とお高く留まっていた」とドライバーの関さんは振り返る。

 中国がWTO(世界貿易機関)加盟後、こうした現象は03年から崩れ始めた。新車が市場にどんどん出回るようになり、価格競争が始まったため、市場のニーズに見合うようメーカーは価格を調整して対応するほかなくなったのだ。現在、サンタナの価格は7、8万元とお手ごろだ。これなら一般のサラリーマンでも受け入れられる。

 2000年に走っていた車を覚えているだろうか?当時は「ジェッタ」「サンタナ」「富康(FUKANG)」がお馴染みの3車種だったが、現在では海南マツダ「ファミリー」、ビュイック「エクセル」、ヒュンダイ「エラントラ」がそれに代わった。こうしたコンパクトカーの販売価格は多くが10万元以下、ミドルクラスセダンの価格は10-20万元というところだ。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年11月17日

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古