2010年11月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:07:53 Nov 18 2010

トヨタを切り離してこそ日本は再び羽ばたける

 統計データによると、毎年、30万人近くもの人が日本の愛知県にあるトヨタ自動車の本社に見学に行っている。ここは正に製造業の「聖地」と言えよう。なぜなら、ここにはトヨタが世界最大の自動車メーカーの座を手に入れるまでの成功の軌跡がある。しかし、一旦ふたを開けてみれば、トヨタほどその効率の悪さと日本経済の矛盾をさらけ出しているところはない。

 トヨタが決算報告を行った時、資料の中に「補足資料」というものがあった。これには海外にある支社を含まない国内本社の単独決算が記載されている。トヨタが円高でどれだけの打撃を被ったか、現在どれだけ克服できているかを知りたければ、この資料を見る必要がある。

 トヨタは11月5日、4-9月(日本の会計基準に基づく「上半期」)の営業利益は3231億円に達したと報告した。円高やリコール問題の影響があった事を考えれば、これはかなり良い業績である。しかし、日本のメディアは冷静にも、「円高の危機を克服した」と報道する事はなかった。なぜなら、単独決算を見てみると1494億円もの営業損失があるのだ。トヨタは円高の影響で下半期には更に厳しい状況になり、2010年度の本社単独営業損失は4900億円に上ると予測している。これでトヨタは3年連続の赤字である。

 「トヨタ式」の経営方法は少し変わっている。上半期、国内の総生産台数は161万台だったが、内需が低迷しているため、日本での販売量は80万台ほどにしかならなかった。残りは全て赤字覚悟で海外に輸出した。これこそ1494億円もの損失を出した元凶である。しかし、それでもトヨタの給料はトップレベルである。それはなぜか。つまり、海外の黒字が国内の赤字の尻拭いをしているという訳だ。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古