2010年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:13 Nov 19 2010

5年後には中国の都市人口が7億人に 農村人口を上回る

 中国都市発展研究会の程安東・理事長が中国都市発展研究会第6回代表大会で明らかにしたところによると、2009年末現在、中国の都市化率(都市人口が全国総人口に占める割合)は46.6%に達した。今後5年間で、中国の都市化は急速に発展する新段階を迎え、第12次五カ年計画(2011年-2015年)の終わりごろには都市化率は50%を突破し、都市人口は7億人となり、初めて農村人口を上回る見込みだ。新華網が伝えた。

 程理事長は、「都市化のスピードアップは内需牽引の重要な手段だ。ますます多くの農民が都市に移り住み、仕事をするに伴い、彼らの収入も高まり、ライフスタイルも変化し、住民の消費増加を刺激することになる。農村の過剰労働力と人口が都市に移り住むことは、農村生産の大規模化と農村労働生産率の向上に役立ち、農業の現代化を加速するだけでなく、都市と農村の格差を縮めるのにも役立つ」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年11月19日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古