2010年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:14 Nov 19 2010

外資系企業は中国の経済発展モデル転換に順応すべき

 新華社はこのほど、次のような論説を発表した。

 中国にある外資系企業は、特に欧州、米国、日本の企業は、中国の外資導入政策の調整に対して不満を抱くのをやめ、中国の経営環境の変革に対する邪推を捨て去るべきだ。中国の経済発展モデルの転換加速という大きな背景の下で、投資経営モデルを改めて検討し、位置づけを考え、中国の未来の発展の中で大きな可能性と戦略的チャンスをつかまえるべきだ。

 2010年は外資系企業の中国における投資経営の新たなスタート年と呼ぶことができる。なぜならこの年には、過去30年におよぶ「市場を技術に換え」て、外資系企業に「超国民待遇」を与える時代が正式に終わりを告げたからだ。外資系企業は流れに従って行動し、中国の経済発展モデルの転換加速や経済の構造調整がもたらす一連の新たな変化に主体的に適応しなくてはならない。

 中国は来月から、在中国の外資系企業、海外企業、外国籍の個人を対象に、都市維持建設税と教育費付加の徴収を開始する。このことは、中国域内にあるすべての国内資本企業と海外資本企業とに対する税制が統一され、外資系企業が「超国民待遇」を享受する時代が終わりを告げ、内外資本企業が平等な市場環境の下にある同じ土俵で公平な競争を展開するということを意味している。

 改革開放の初期には、中国は外貨不足と技術不足という二重の不足に直面した。一連の発展途上国が取ってきたやり方は対外債務だが、中国が取った措置は海外からの直接投資を引き寄せるというものだった。当時の中国は市場経済体制が不完全で、外資系企業の投資には大きな困難がつきまとい、一連の余分な制度的コストが発生していたため、中国は海外の投資家に税金の減免を代表とする「超国民待遇」を政策的保障として提供した。

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古