2010年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:13 Nov 22 2010

人民銀、預金準備率を再引き上げへ 29日から

 中国人民銀行(中央銀行)は19日、今月29日から預金業務を取り扱う金融機関の人民元建て各種預金の準備率を0.5ポイント引き上げると発表した。前回の引き上げ発表から9日目の再発表となった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 これにより人民銀は1カ月の間に預金準備率を2回、全面的に引き上げることになる。今年に入ってからは5回目の引き上げだ。

 人民銀は今月10日、16日から預金業務を取り扱う金融機関の人民元建て預金の準備率を0.5ポイント引き上げることを発表した。

 これまでに2回行われた個別的な引き上げ調整も合わせると、今回の引き上げにより、一連の大型金融機関の預金準備率は18.5%から19%という過去最高の水準に達する。

 人民銀の指摘によると、今回の引き上げのねらいは流動性の管理を強化し、通貨の貸出や投入を適切に調整することにあるという。おおまかな試算によると、預金準備率を0.5ポイント引き上げると、銀行システムの流動性資金約3千億元が一時的に凍結されることになる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年11月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古