2010年11月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:25 Nov 26 2010

第3四半期 国際収支が引き続き「双子の黒字」

 国家外貨管理局は25日、今年第3四半期(7-9月)の国際収支バランスシートの速報値データを発表した。それによると、同期の国際収支は経常収支、資本収支(誤差や遺漏を含む)ともに引き続き黒字となり、外貨準備も引き続き増加した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同期の経常収支は1023億ドルの黒字で、比較可能な数値で計算すると、前年同期比の2.03倍に達した。うち貨物貿易は814億ドルの黒字、サービス貿易は44億ドルの赤字、利益は145億ドルの黒字、経常移転収支は108億ドルの黒字だった。

 同期の資本収支は57億ドルの黒字で、うち直接投資の流入額は230億ドルだった。

 外貨準備は1080億元(同31%)増加した。うち外貨資産は1073億ドル(レート、価格などの非取引値変動の影響を含まず)増加し、基金機関の支払準備金は7億ドル増加した。

 今年第1-3四半期(1-9月)の国際収支の経常収支は2040億ドルの黒字で前年同期比30%増加した。資本収支は821億ドルの黒字で、外貨準備は2860億ドル(同7%)増加した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年11月26日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古