2010年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:27 Nov 30 2010

中国産しいたけ、日本のポジティブリストにより対日輸出が激減

 中国は世界最大のしいたけ生産国だ。中国産しいたけの最も重要な輸出先は日本だが、近年、日本における輸入食品の安全標準は日に日に厳しくなっており、中国産しいたけの対日輸出は減少を続けている。中でも浙江省慶元県ではしいたけの対日輸出が6割前後激減した。「第一財経日報」が伝えた。

 中国食用菌協会の毛伝福副会長(大山合集団董事長)は、「2009年、中国のしいたけ生産量は340万トン前後、生産額は約350億元で、中国は世界最大のしいたけ生産国、最大の輸出国となった。日本は中国産しいたけの主要市場だが、対日輸出量は近年減少を続けている」と述べる。

 800年前からしいたけを栽培する浙江省慶元県は「しいたけの郷」と呼ばれ、毎年の干ししいたけ生産量は6千トン余りに上る。同県食用菌管理局の張世炎局長は、「日本は干ししいたけをメインとした慶元県の主要市場だ。数年前までは、干ししいたけの約50%、つまり3千-4千トンを日本に輸出してきた。しかし現在は20%未満の1千トンあまりとなった。輸出減少の主な原因は、日本が2006年にポジティブリスト制度を実施したことにある」と述べる。同制度により、しいたけなど農産物の農薬残留量は1キロあたり0.01ミリグラムを超えてはならないと規定された。

 ポジティブリストの導入は、中国のしいたけ輸出企業のコストを増加させることとなった。毛伝福副会長は、「干ししいたけはコンテナ1箱あたり2-3トンに上る。1キロあたり粗利益3元として計算すると、コンテナ1箱あたりの粗利益は9千元前後だ。一方、輸出入のための指標の検査費用は1つあたり500元。もし5つの検査を行えば、費用は2500元となる。検査費用の増加により、中国のしいたけ輸出企業の利益は半分ほどになってしまった。このことはしいたけ輸出の積極性に影響を与えている」と述べる。

 張世炎局長は、農産物に対する日本の品質的要求は非常に高く、健康を守るために必要なレベルを超えており、実は一種の貿易障壁となっているとの見方を示す。業界関係者によると、日本は技術標準を引き上げたことで、多くの利益を得ているという。「日本は中国産食品の品質問題を大々的に宣伝し、日本の消費者に中国産の食品は毒だと思わせている。私たちの輸出する干ししいたけは1キロあたり千円前後だ。日本産のしいたけはもともと1キロ当たり3千円ほどだったが、現在は1キロあたり5千円-6千円にまで値上がりしている」と述べる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年11月30日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古