2010年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:36 Dec 01 2010

第12次五カ年計画 来年の調整ロードマップが発表 (4)

 (4)財税体制改革を深化させ、所得分配を中心に据える

 2011年の経済任務は、インフレを抑制すると同時に内需の拡大、都市化建設の加速、産業のグレードアップ、科学技術イノベーションなどもめぐって展開するものとみられる。財政部の謝旭人部長の最新の発言によると、十二五期間における財税体制改革の加速という主要任務は、税制の簡素化、税金算出の基礎を拡大し、税率を引き下げ、徴収管理を厳格化することを原則として、税制構造の最適化を進め、税負担を公平にし、所得分配の秩序を規範化することにあるという。

 内需拡大のカギは所得分配構造の調整にある。全国人民代表大会財経委員会の賀鏗副主任はこのほど、モデル転換を達成するには、根本的に国民の所得分配比率を改め、個人所得が占める割合を高めると同時に、都市部と農村部との差を縮小することが必要だと指摘した。個人所得の増加と経済成長とを同調させる政策は、来年に具体化しなければならないという。

 すでに明らかにされた十二五期間に重点的な発展を目指す新興戦略産業について、来年も中央政府は引き続き積極的に奨励するとともに支援を強化する方針だ。財政部が最近発表した一部の技術先進型サービス企業に対する税金面での支援などの政策をみると、中央政府が資金、人材、技術などの資源を動員して振興戦略産業に集めつつあることが見て取れる。関連政策は2011年にも続き、十二五の期間にも、さらにはもっと長い期間にも続くことが予想される。

 まもなく訪れる2011年は経済の構造調整のカギとなる時期だ。同時に国際情勢の雑多な変化に直面する。そうして流動性、金利、インフレ、物価、税収といった、一般の人々の生活のあらゆる場面に深く入り込んだ経済学の用語が、これまでのどの時期よりも一層注目されることになる。政策決定層のここ数年来のさまざまな状況に対する柔軟な対応には、経済の調整コントロールツールの運用技術が日々向上していることがうかがえ、未来の経済情勢に対する人々の信頼感を増大させるものともなっている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年12月1日

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古