2010年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Dec 01 2010

1人当たりの資産1.8万ドルに 幸福感が感じられない理由

 世界有数の金融グループ、クレディ・スイスが発表した「世界資産リポート」によると、中国の1人当たり金融資産保有高は2000年の6千ドルから2010年には1万8千ドルに増加した(世界の 平均金融資産は4万3800ドル)。この報告に対し、中国のネットユーザーの多くは「まったく身に覚えがない」と異議を唱えている。毎日経済新聞が伝えた。

 このクレディ・スイスの報告は信頼性の高いものといっていい。中国人1人当たりの金融資産が成人で12万元というのはたいした額ではない。世界の平均金融資産の41%にすぎ ず、世界的には中国人は裕福とはほど遠い。ではどうしてこの報告にネットユーザーは異議を唱えるのか?しかも「1万8千ドルとはたいしたものだが、その財産は一体どこにあるのか?」という疑問を投げかけている。

 まず正視しなければならないのは、多くの中国人がこの1万8千ドルという財産を確かに保有していないことだ。大多数の農村部の家庭、中西部の中小都市の一般家庭に「1万8千ドル(約12万元)」の財産なんてない。この12万元というのは全国の成人1人当たりの平均データであって、多くの中国人にとっては突然12万元が棚から落ちてきた ということになる。現在、中国には数多くの億万長者が いる。昨年末時点の億万長者は5万5千人を数えた。今年10月に発表された「2010フージュン長者番付」では、中国には資産10億元以上の資産家が1363人、資産100億元以上の資産家が97人いると報告された。1万8千ドルはこうした資産家のポケットに入っている といえる。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古