2010年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:47 Dec 01 2010

国内の「Made in China」はどうして海外より高いのか?

 海外からの「iPad」持ち込みに1000元の関税が課される規定が大きな話題になったが、それに関連してまた新しい話題が浮上している。中国のiPadはどうして他の国や地域より高いのか?「世界の工場」といわれる中国でどうして安いモノが買えないのか?国内の消費者はどうして海外で買い物をしたがるのか?実は、iPadの多くは国内で生産されている。というのも深センの富士康科技(フォックスコン)はiPadの重要な生産基地だからだ。南方日報が伝えた。

 ◇生産地で低価格の「Made in China」が買えない

 以前は海外で「Made in China」の品物を買って帰ると笑い話になったものだが、ここ数年、アパレルから電子機器にいたるまで大小問わず、わざわざ海外に出かけて「Made in China」をごっそり買って帰る中国人が増えている。内需拡大が叫ばれるなか、多くの中国人が外需拡大に躍起になっている。どうしてか?理由はいたって簡単で、次のデータを見れば一目瞭然だ。

 ナイキやアディダスの中国製シューズが国内のデパートでは大バーゲンでも500元、正規価格であれば7、800元から千元はする。ところがまったく同じシューズが米国のデパートでは3、40ドル(約300元)で買える。

 国内で販売価格3万元のArmaniの背広は、米国では1000ドル(約7000元)。電子製品を例に挙げると、深センで組み立てられたiPad(16GのWIFI)は米国で499ドル(約3300元)、香港で3888香港ドル(約3300元)であるのに対し、米国で発売1年後にようやく中国大陸部に上陸したにもかかわらず販売価格は3988元。

 さらに国内外の収入格差を考えると、その価格差はさらに広がる。国際通貨基金(IMF)が今年4月に発表した統計によると、09年の中国の1人当たりGDPは3678ドル、世界100位だったのに対し、米国は中国の13倍の4万6381ドルで9位だった。つまり、同じiPadの購入にしても、中国人は米国人より2割増で買い、しかも収入は彼らの13分の1しかない!

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古