2010年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:08 Dec 07 2010

分類通関で輸出入がよりスピーディに

 上海の税関当局は先月12日から、空輸貨物の分類通関改革を試験的に始めた。同管轄区では輸出書類の95%と輸入書類の55%がこの対象となり、上海での通関がいっそうスピーディになった。

 分類通関とは、企業の通関書類を申告順に審査するのではなく、企業の信頼度やリスクなどのレベルに応じて対応を行い、それぞれ異なる業務方式を取ることで、低リスクの企業はすぐに審査を終え、ハイリスクの企業には重点的な管理措置が取られる。

 税関総署は07年末、輸出貨物の分類通関改革を上海税関でまず試験的に導入、その後、09年9月に再び輸入関連の改革が試みられた。今回始まった改革は同管轄区の空輸・海運すべての通関業務の現場で適用される。開始から11月19日までに上海税関当局は空輸貨物の輸入書類1万5千部を受理、うち7割の低リスクの書類がすばやく通関手続きを終えた。

 改革後、税関当局は人員配置の適正化をはかり、通関の第一線にいたるまで人員削減を実施、監督管理の的確性や有効性を高めた。上海税関当局の予測によれば、平均貨物検査率をキープしつつ、税関の摘発率が45%、平均通関速度が30%以上高まり、企業と税関の双方に便宜がもたらされる。

 上海税関当局はさらに、保税貨物の「オンライン審査」「分割配送・集中通関」など新たな管理方式を導入、輸出入企業の通関手続きがより便利になった。上海洋山保税港区ではすでに通関時間が1、2時間短縮された。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年12月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古