2010年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:21 Dec 14 2010

「十二・五」期のハイエンド設備製造業の方向性

 ハイエンド設備の「十二・五計画(第12次五カ年計画、2011-2015年)」は制定が進められており、2011年第1四半期に公布予定であることがわかった。

 起草に携わる関係者によると、ハイエンド設備の「十二・五」は主に航空、宇宙、高速鉄道、海洋プロジェクト、インテリジェント設備の5つの部分からなり、戦略的新興産業の発展目標に合わせ、ハイエンド設備業において革新を強化し、産業の集中度を高め、業界トップ企業を育成し、産業集中地帯の建設を強化する。

 機械科学研究総院中機生産力促進センター・戦略研究室の葉猛主任は、「ハイエンド設備製造業は設備製造業のハイエンド部分で、技術が密集し、付加価値が高く、成長余地が大きく、けん引力が強いなどの特徴がある。設備製造業は国家の戦略的産業と工業の台頭を表すもので、一国の製造業の基礎とコア競争力になる」と話し、次のように説明した。

 中国は主要工業品の生産量が世界一だが、製造業は世界の産業チェーンで遅れており、レベルも低く、「製造強国」でなく「製造大国」となっている。「製造強国」になるにはハイエンド設備を発展させ、各国の先頭を行く必要がある。そのため、設備製造のハイエンド化は、中国の設備製造業の「十二・五計画」の重点となる。また、2020年めどに、中国のハイエンド設備製造業の生産額が設備製造業生産額の30%以上を占めることが目標となる。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年12月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古