2010年12月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:12 Dec 20 2010

経済学者「不動産バブルは来年か再来年に崩壊」

 著名経済学者で天則経済研究所理事長の茅于軾氏は、不動産バブルは来年か再来年に崩壊し、崩壊後の対応を今から検討する必要があるとの見解を示した。

 これは茅于軾氏があるフォーラムに出席した際に述べたもの。「現在のインフレ率5.1%は珍しいことではなく、利上げや輸入増加、人民元切り上げなどの方法でインフレ率を下げることも可能だ。インフレはそれほど良くないことではなく、経済構造の調整を助けることもできる。たとえば、過去の輸出が多すぎる、所得分配における住民への分配が少なすぎるなどの問題は、インフレの変化の中で調整できる」と茅于軾氏は話す。

 また、今後の不動産バブルには2つの動きがあるとした。1つは解消できるという見方だが、その可能性は低い。もう1つはバブル崩壊で、これは不可避なものだ。来年か再来年に不動産バブルは崩壊するという。

 さらに茅于軾氏は、「不動産価格が大幅に下がり続ける状況がいったん現れたら、それはバブル崩壊の動きであり、崩壊後にどうするかを今から検討し始めなければならない」と語った。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年12月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古