2010年12月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:55 Dec 22 2010

今年の中国経済十大データ GDP成長率10%ほか (3)

 (8)省エネ・汚染物質排出削減がダブルで目標達成

 今年は十一五の省エネ・汚染物資排出削減に関する拘束力をもった指標の達成に向けた最終年だ。現時点で、省エネの目標は予定通り達成される見込みとなっており、主要汚染物質の排出総量は10%削減という目標値を超過達成できる見込みだ。

 だが中国は引き続き経済発展モデルの転換と経済の構造調整という重大な任務に直面しているため、今後の省エネ・汚染物質排出削減にかかる圧力は軽視できない。省エネ・汚染物質排出削減に対する認識を高め、長期的な計画を立て、省エネ・汚染物質排出削減にプラスになる体制とメカニズムの構築を模索する必要がある。

 (9)自動車生産販売台数が1800万台突破

 中国汽車工業協会がまとめた統計によると、今年通年の自動車生産・販売台数はともに1800万台を超え、中国は引き続き世界一の自動車生産国となり、世界最大の新車販売市場となった。

 来年の中国自動車市場は、自動車購入に対するさまざまな優遇政策が期限を迎えること、各地で渋滞対策の措置が相次いでうち出されたことにより、新たな試練の時を迎えるとみられる。だが省エネ、環境保護が自動車生産・消費の今後の趨勢になることは誰しもうなずけることだといえる。

 (10)貿易黒字が1900億ドルに減少

 商務部の陳徳銘部長はこのほど、今年の貿易黒字は約1900億ドルに減少し、貿易のバランスが改善される見込みだと述べた。

 今年の貿易黒字は規模が減少したが、米国や欧州連合(EU)などの主要貿易相手先との関係においては依然として大きな圧力に直面している。中国の対外貿易構造には調整が必要であり、輸入の増加を通じて、特に主要貿易黒字国からの輸入の拡大に努めることを通じて、国際収支のバランスをはかることが必要だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年12月22日

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古