2010年12月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:40 Dec 24 2010

世界ブランド500強 中国はCCTVなど17

 世界で最も影響力のある500ブランドのランキング「世界ブランド500強」(TheWorld's 500 Most Influential Brands)の2010年度版が22日に米国・ニューヨーク市で発表された。トップ3には米国企業が並び、1位はソーシャルユーティリティサイトのフェイスブックで、昨年の10位から一躍トップに躍り出た。2位は前回13位のアップル社、3位は前回トップのマイクロソフト社。中国大陸部からは17ブランドが選ばれ、中国中央電視台(CCTV)、中国移動(チャイナモバイル)、中国工商銀行(ICBC)、国家電網(STATE GRID)はいずれも100以内にランク入りした。中新網が伝えた。

 同ランキングは世界ブランド研究所(World Brand Lab)が作成するもの。同研究所の専門家チームのメンバーを務めるハーバード大学ビジネススクールのジョン・デイトン教授(マーケット専攻)によると、7年連続で発表されている同ランキングは、ブランドの世界的な影響力、すなわちブランドの市場開拓能力、市場占領能力、利益獲得能力を評価基準としており、市場シェア、ブランドのロイヤリティ、グローバルリーダシップ力の3つの指標に基づいて世界ブランドに順位をつけている。

 今回のランキングでは世界28カ国のブランドがランク入りした。最多は米国の237ブランドで昨年より4ブランド少なかった。次に多いのはフランスの47ブランド、次は日本の41ブランドだった。4位から10位は上から順に、英国、ドイツ、スイス、中国、イタリア、オランダ、スウェーデンとなっている。中国大陸部からは上記の中国中央電視台、中国移動、中国工商銀行、国家電網のほか、海爾(ハイアール)、聯想(レノボ)、中国銀行(Bank of China)、中国人寿(China Life)、長虹(ChangHong)、中国石油(China National Petroleum)、華為(HUAWEI)、中国国際航空(Air China)、中国石化(Sinopec)、中国中化(SINOCHEM)、人民日報(People'sDaily)、青島ビール(Tsingtao)、中国電信(CHINA TELECOM)が選ばれた。
新建网? 2

2010年度版「世界ブランド500強」に選ばれた17の中国ブランド
順位 ブランド名 創業時間 業界
61 中国中央電視台(CCTV) 52年 メディア産業
69 中国移動(チャイナモバイル)   10年 電気通信産業
82 中国工商銀行(ICBC)   26年 銀行業
86 国家電網(STATE GRID) 8年 エネルギー産業
107 海爾(ハイアール) 26年 デジタル・家電産業
139 聯想(レノボ)  26年 コンピューター・オフィス関連設備産業
221 中国銀行(Bank of China) 98年 銀行業
277 中国人寿(China Life)   61年 保険業
287 長虹(Chang Hong)  52年 デジタル・家電産業
343 中国石油(China National Petroleum)  22年 石油産業
348 華為(HUAWEI) 22年 通信・電子産業
383 中国国際航空(Air China) 22年 航空サービス業
401 中国石化(Sinopec) 10年 石油産業
405 中国中化(SINOCHEM)  60年 化学工業
411 人民日報(People's Daily) 62年 メディア産業
420 青島ビール(Tsingtao) 107年 食品・飲料品産業
427 中国電信(CHINA TELECOM) 8年 電気通信産業


[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古