2011年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Apr 02 2011

海南島の観光業発展に弾みをつける高速鉄道

 現在高速鉄道は沿線住民に将来の経済への期待を抱かせる、地域経済テイクオフの代名詞と言っていいだろう。総投資額200億元で3年間を費やして建設された、海南東環高速鉄道が30日、正式に運行を開始した。投資額225億元の海南西環鉄道の建設も始まった。「国際金融報」が伝えた。

 ■海南観光を後押し

 海南東環高速鉄道は海口市から文昌市、瓊海市、万寧市、陵水県を経由して三亜市に至る。計15駅で最高運行速度は時速250キロ。当初は列車10組を運用する。海口東発三亜方面行きは始発が午前7時、終発が午後8時半。三亜発海口東方面行きは始発が午前7時、終発が午後8時10分。

 財政部と商務部は27日、来年1月1日から海南島で買物をした海外観光客に出国時に税金を還付する試行措置を発表した。これによって海南省の観光業のテイクオフが期待される。海南省財政庁の呂勇副庁長によると、中国人対象の「離島免税」政策の準備も進められており、条件が整い次第試行される予定だ。観光業関係者は、この優遇税制策に東環高速鉄道が加わることで、同島の観光業のより急速な発展が促されることを期待する。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古