2011年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:21 Apr 02 2011

海南島の観光業発展に弾みをつける高速鉄道 (2)

 ■「東海岸時代」に突入

 海南東環高速鉄道の開通に伴い、不動産市場の構図も塗り替えられる。同鉄道の経由する15市・県はいずれも東海岸にある。関係者は、海南島の不動産市場は「東海岸時代」に突入すると指摘する。

 海口から三亜までの595キロの黄金の海岸線に、すでに数十億~百億元の観光不動産プロジェクトが立ち上げられており、雅居楽、中糧、万科など有名業者が名を連ねる。

 海南省住宅・建設庁の史貴友改革・発展処長は「現在、海南省の不動産市場は比較的穏やかに発展している。東環鉄道開通後は、沿線の市・県がすべて島の一日生活圏に組み込まれる。これを背景に、沿線の文昌、瓊海、万寧、陵水は三亜や海口より住宅価格が安いことから、購入者が集まり、これらの市・県の不動産市場の発展が牽引される。だが三亜と海口の不動産市場への影響は限定的」と指摘する。また、不動産価格の変動について史氏は市場に委ねる考えを示した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月31日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古