2011年1月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Jan 04 2011

海外25企業 中国で金融情報サービス業務スタート

 中国は2009年6月に海外機関の国内における金融情報サービスの提供に関する申請の受理を開始し、これまでにトムソン・ロイター、ブルームバーグ、ダウ・ジョーンズといった国際金融情報提供サービスの大手企業を含む海外企業25社が、中国での金融情報提供サービスの取り扱いを認可された。「上海証券報」が伝えた。

 中国共産党中央対外宣伝弁公室の王晨主任(国務院新聞弁公室主任)はこのほど行われた国務院新聞弁公室の記者会見で次のように述べた。現時点で、国務院新聞弁公室はトムソン・ロイターの公共サービスの性質を備えた有限会社、ブルームバーグの有限共同経営企業、日本のアジア情報企業、ダウ・ジョーンズ、新華財経有限公司、インフォーマ・エコノミクス社の公開上場企業、マグロウヒルの国際企業、ロシアの新聞社など19の海外金融情報サービス企業に、国内での金融情報サービス取り扱いの許可証を発行したほか、スイスのフォーチュンマスターインベストメント、米国のマーケットニュースインターナショナルなど6つの海外金融情報サービス企業による国内での金融情報サービス企業の設立・投資の申請に認可を与えた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年1月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古