2011年1月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:24 Jan 06 2011

2010年 外国籍人材にとって最も魅力的な10大都市発表

 「2010年 外国籍人材にとって最も魅力的な中国の都市」ランキングが5日に発表された。新華網が伝えた。

 ランキングでは、北京、上海、大連、杭州、深セン、天津、青島、厦門(アモイ)、煙台、蕪湖が「2010年 外国籍人材にとって最も魅力的な10大都市」に選ばれたほか、南京、武漢、桂林、三亜、成都、長春、長沙、蘭州、大理、南寧が「2010年 外国籍人材にとって最も魅力的な10大入選都市」に選ばれた。

 今回のランキングは、昨年6月から11月にかけて、中国大陸部の地級以上の都市353カ所(香港、マカオ、台湾を含まず)に対してのべ17万9千人あまりの外国籍人材が行ったオンライン投票に基づいている。審査委員会は、米国籍華人で物理学者の李政道氏、情報セキュリティ分野の専門家であるユージン・カスペルスキー氏、深セン発展銀行のリチャード・ジャクソン頭取、「一村一品運動」の提唱者である平松守彦氏、中欧国際工商学院(CEIBS)のペドロ・ヌエノ執行院長、米国環境保護基金首席エコノミストのダニエル・デュデック氏、中央電視台英語チャンネルキャスターのEdwin Charles Maher氏など、中国政府の「友誼賞」を獲得した39人の専門家及び、ベテラン専門家である添田修平氏の計40人からなる。投票に参加した外国籍人材と審査委員はそれぞれ、「都市における業務環境・創業環境」、「都市における生活環境」という2大カテゴリーの計10指標に基づき審査を行い、最終的に「2010年 外国籍人材にとって最も魅力的な10大都市」および、「10大入選都市」の計20都市を選び出した。

 中国都市の魅力に影響を与える要素とは何か?今回の審査活動では外国籍人材に対するオンラインアンケートにより343件の回答が寄せられた。それによると、中国の都市の魅力に影響する要素は上から順に▽居住環境▽医療と公共の安全▽長期的な仕事のチャンスと発展の潜在力▽業務環境(組織文化、開放度を含む)▽外国籍人材に提供される公共サービス▽国際化の雰囲気と多元的な文化環境▽外国籍人材への政策及び奨励メカニズム▽雇用側による人材の吸収・奨励に向けた措置▽事業の成功に役立つ社会的要素▽長期的な交流・協力のチャンス--となっている。

 外国籍専門家40人からなる審査委員会は書面による投票を行ったほか、選ばれた20都市の人材吸収に向けたソフト環境に対して10の指標に基づき評価を行った。うち、中国都市の外国籍人材サービスメカニズムと公共サービスに対する満足度は最高で85.2%に達した。最も不満が高かったのは居住環境で、不満足度は11.9%にのぼった。

 中国は2010年5月、初となる中長期人材発展計画綱要を発表、人材を優先させる発展戦略を確立した。中国が今後10年間で、人材競争において世界的に優位に立ち、世界人材強国の仲間入りをするためには、世界一流の人材を吸収し、中国でのイノベーション・創業を促す必要がある。今回の審査活動は「都市の開放と人材吸収」というテーマをめぐり、中国都市の人材吸収状況を明らかにするとともに、外国籍人材の中国での業務・創業に向けた価値の方向性を見極め、更なるハイレベル海外人材の中国におけるイノベーション・創業を促すべく、都市が人材吸収に向けたソフト環境建設を重視するよう導くことが目的。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年1月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古