2011年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:01 Apr 02 2011

淘宝網、年度取引データを公表 1日の取引高19億元超

 中国のネット通販最大手「淘宝網(タオバオ)」はこのほど、同社の2010年度取引データを公表した。2010年、淘宝網の登録ユーザー数は3億7千万人、取り扱い商品は8億点、1日の最高アクセス数は6千万人、1分当たりの販売点数は4万8千点に上ったという。特筆すべきは、1日の最高取引高が19億5千万元(約250億円)を記録し、北京、上海、広州の社会消費財小売総額をいずれも上回った。11日付け中国紙「国際金融報」が伝えた。

 この1年間、淘宝網の1分当たりの販売数は衣類864着、携帯電話36体、書籍85冊、照明器具13体など計4万8千点。最も盛況だったのが11月11日で、同日の取引高は19億5千万元(約250億円)を記録、北京、上海、広州の1日の社会消費財小売総額をいずれも上回った。

 中国で「一線都市」といわれる北京、上海、広州は、商業地区の数や商品の豊富さなど商業水準で、全国最高ランクに位置付けられる。しかし、淘宝網に象徴される新たな商業形態の出現により、こうした構図に変化が起きている。淘宝網のネット販売により、中国最西端に住む人々も、大都市の北京、上海、広州に住む人々と同じように、豊富な商品に接することが可能になった。

 このほか、淘宝網のBtoC(企業と消費者間)版「淘宝商城(タオバオモール)」や航空券販売などの業務も急速に伸びており、2010年の取引高は09年の4倍になった。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年1月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古