2011年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:58 Apr 02 2011

英メディア「世界は『中国の時代』を歓迎」

 英国紙「ガーディアン」は12日、世界の過去の10年間には「メードインチャイナ」の刻印が押され、未来の10年間には「中国に従う」時代を迎えることになる。中国で第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)が推進されるのにともない、先進国の対中輸出も重大なチャンスを迎えることになる、との見方を示した。「環球時報」が伝えた。

 「ガーディアン」によると、中国の外貨準備が引き続き増加している。中国が海外の資産や債券を購入しても話題にならないが、こうしたことは中国経済の発展の恩恵にあずかることであり、外貨準備の増加ペースによりグローバル経済、世界の財政、世界の政治における中国の影響力がますます強まっているという。

 スタンダードチャータード銀行グローバル研究部門のチーフエコノミストのジェラルド・リオンズ氏(グループ総裁)は次のように話す。過去10年間は「メードインチャイナ」(中国製造)の語で言い表すことができる。これからの10年間は「中国に従う」(属于中国)ものになるとみられる。中国は米国債を大量に保有すると同時に、欧州でギリシャ、ポルトガル、スペインなどの政府債券も購入し、米ドルが主導的だった外貨資産の配置の多様化を実現した。あるアナリストは、こうした措置は中国に優れた財政経済の意識があることを体現するものだと評価する。

 米国の「FOXニュース」の外貨専門家のブルックス氏によると、過去18カ月の間に中国は新たな段階に突入し、グローバル経済において相当の発言権を掌握し始め、これによって中国の超大国としての立場を表明するようになったという。

 また「ガーディアン」によると、中国が2011年に「十二五」計画を推進することは、英国のような先進経済体にとっては、一つの重要なチャンスとなることが予想される。先進経済体の質の高い製品の対中輸出が増加するとみられるからだ。たとえば2010年は高級車ロールスロイスが中国での販売記録をうち立てた。前出のリオンズ氏は「われわれは中国の重要性を認識する必要があり、中国に対して販売や投資を行う必要がある。ロールスロイスの業績には中国のぜいたく品市場のニーズが反映されており、中国は最も重要な成長のエンジンであることが反映されている」と話す。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年1月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古