2011年1月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:36 Jan 13 2011

茅台酒の価格、約20年で187倍に ぜいたく品消費の歪み反映

【関連記事】茅台酒、池袋での販売価格は中国の半額

 価格は年々上がるが、供給は依然として需要に追いつかない。茅台酒、五糧液などの高級白酒は現在、中国国内で次々とその価格を上げ、市場を揺るがしている。1980年代、1瓶たったの8元だった茅台酒は、20年余りで価格が187倍の1500元前後に吊りあがった。年代物の「陳年茅台」にはオークションで100万元に上る高価格がつけられている。新京報が伝えた。

 ▽茅台酒が投資商品に

 北京東城区で働く崔さんは先週、オークションサイト「嘉徳在線」で、1987年ものの茅台酒を1万2300元で購入した。

 今年25歳の崔さんは2年前に大学を卒業したばかりで、酒についてはまったく詳しくない。1万2300元は彼女の2カ月分の給料に相当する。彼女は「茅台酒の購入は投資のため」と語るが、購入した茅台酒をどのように鑑定するのか、今後価値がどのように上がっていくのかについてはまったくわからないという。

 しかし崔さんは、茅台酒は現在、ある意味で「ハードカレンシー」としての役割を持っており、住宅と同じで買っても絶対に損はしないと確信している。「今嘉徳で売られている1991年ものの茅台酒は、開始価格ですでに8000元の値がつけられています。私の買った茅台酒はすでに儲けたといえるでしょう」。

 崔さんと同じような投資家はますます多くなっている。2007年以来、販売業者が茅台酒を大量購入することで利益を得たという話が何度も聞かれ、「茅台公司の株よりも茅台酒を大量購入すべき」という言葉まで出ている。

 貴州茅台公司の袁仁国董事長は2010年末、53度の飛天牌・茅台酒の販売価格を959元以下とし、販売業者がこの価格制限に違反した場合は厳しく処罰すると発表した。

 しかし、結局のところ「価格はまったく抑制できない」というのが現状だ。ある白酒の販売業者によると、茅台酒は入荷時の価格がすでに1000元を上回っており、しかも入荷するためにコネを探さなければならないという。元旦後は北京のスーパー、専門店などで茅台酒が一斉に品切れとなる。一部の酒屋ではまだ在庫があるものの、価格はどれも1500元前後だ。

[1] [2]

上海万博で展示された茅台酒。(2010年10月24日)
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古