2011年1月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Jan 14 2011

中国、4年後世界第2の消費市場に

 消費総額が世界全体の5%を占める巨大市場の中国。米コンサルティング大手、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)と複数の権威機関がまとめた報告書によると、中国市場の消費額は2015年、世界の14%に達し、米国に次ぐ世界第2の消費市場になる見込みだ。中国紙、法制晩報が伝えた。

 中国市場の急成長は、増加を続ける個人資産とそれに伴う消費水準の高まりによるところが大きい。

 1990年から2006年の16年間で、中国の消費者一人当たりの可処分所得は年間13.6%成長した。つまり、16年間で8倍近くに増加したことになる。

 一方、同時期のフランス、イタリア、ドイツ、米国、英国、スペインなど先進国をみると、消費者一人当たりの可処分所得はわずか1.5-2.5倍しか成長していない。

 報告書は、消費者の急速な所得増が消費水準の上昇を力強く後押しした、と指摘する。各消費層で消費水準の上昇がみられ、しかも高所得層であるほど、その傾向が顕著になっている。月収が8千元(約10万円)以上の富裕層で、消費水準が上昇した割合は59%に達している。

 また、個人資産の増加に伴い、中産階級の世帯数も急速に伸びている。これにより、消費水準全体の向上に一段と拍車がかかっている。

 中国では今後、中産階級が急速に拡大し、とりわけ世帯収入が年間1万ドル(約83万円)を超える世帯数が向こう10年間、年間約18%の勢いで増加するとみられる。

 主要国の消費額の割合は以下の通り。

2006年 2010年 2015年(予測)
米国 42% 米国 40% 米国 38%
日本 11% 日本 10% 中国 14%
ドイツ 7% 中国 9% 日本 9%
英国 7% ドイツ 7% ドイツ 6%
イタリア 5% 英国 7% 英国 6%
中国 5% イタリア 5% イタリア 4%
その他 22% その他 23% その他 22%


 BCGによると、中国の消費財市場は販売ルートが整理されておらず、地域差が明らかで複雑かつ多様な様相を呈しているほか、非規範的・非市場的な要素が存在しているという。このため、巨大な規模と潜在力を持ち、急速な成長を遂げる中国の消費財市場で、成功を収め、不敗の地に立とうとする企業にとっては、販売ルートの管理が鍵になる、と報告書は指摘している。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年1月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古