2011年1月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Jan 14 2011

世界が注目する急成長中の中国超高級車市場

 中国人民銀行による金融引き締め策、北京の渋滞緩和対策、小型車の税制優遇措置の廃止など、2010年末はマクロ政策に変化があり、そんな中で2011年の自動車市場に対する予測は慎重になっている。ローランド・ベルガーはある報告の中で、今年の伸び率は30%超から15%に縮小し、2012年は10%、2015年は8%になると予測した。しかし、ベントレーやロールスロイスなどの超高級車にとって、供給不足は販売台数を倍増させる上で唯一の障害となる。

 2010年末の広州国際モーターショーで、ベントレーの展示ブースには2モデルのサンプルカーが展示されただけだが、価値548万元のミュルサンヌ、378万元のコンチネンタル・フライング・スパー、398万元のスピードチャイナ、508万元以上のコンチネンタル・スーパースポーツは、わずか7日間で18台を売り上げた。

 ベントレー(中国)の鄭飈社長は、「同社の販売台数は毎年2倍の速さで増加している。2010年の中国での納車台数は800台で、中国市場は世界3位だが、販売台数はイギリスに迫っている。2009年はイギリスと大きな差があった。控えめに見ても、2011年の販売台数は50%増となるだろう」と語った。

 マセラティの2010年の伸び率は60%に達した。400台超を納車したほか、200台以上が供給不足でまだ納車できていない状態だ。2010年の中国の超高級車市場の伸び率は60%だが、マセラティ販売ディレクターの孟雄氏は、実際は供給不足なだけでこれにとどまらず、2011年の超高級車の伸び率は50%前後を維持すると見ている。

 ロールスロイスは2010年1?11月、中国(香港を含む)で500台を納車した。2009年通年はわずか100台だった。ブルームバーグは、ロールスロイスが2011年に中国で800台以上を売り上げ、2年以内に販売を8倍に伸ばすことを計画していると報じた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古