2011年1月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:34 Jan 14 2011

国内企業による人民元建て海外直接投資が認可 (2)

 人民元国際化の歩み

 2009年7月 上海、広州、深セン、珠海、東莞の5都市で越境貿易における人民元建て決済の試行が実施。海外の試行地点は暫定的に香港・マカオ、ASEAN諸国とされる。

 2010年6月22日 越境貿易における人民元建て決済の試行地区が20省(自治区・直轄市)に拡大。海外の対象地域も全世界に拡大した。

 2010年10月 新疆で越境貿易・投資における人民元建て決済試行が始まる。

 2011年1月 温州で「温州市個人境外直接投資試点案」が公布、個人による海外直接投資の年度総額は2億ドル以下とされる。

 2011年1月13日 米・ニューヨークにある中国銀行支店で米国消費者向けの人民元業務がスタート。米国の企業・個人による、同銀行口座での人民元売買が許可された。

 2011年1月13日 中央銀行が「境外直接投資人民元建て決済試行管理弁法」を公布。

 「人民網日本語版」2011年1月14日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古