2011年5月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:27 May 10 2011

国産高速列車、試運転で世界最高時速更新

 中国北車集団唐山軌道客車有限公司(唐山公司)はこのほど、同社が自主開発している新世代CRH380 BL型高速列車「和諧号」が、北京-上海高速鉄道での試運転で時速487.3キロメートルを出し、世界鉄道試運転での過去最高記録486.1キロメートルを再び更新したと発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 今回の試運転は、北京-上海高速鉄道徐州東駅・蚌埠南駅区間(全長156キロメートル)で実施された。9日17時頃に最高時速487.3キロメートルに達したが、列車は安定しており、快適な乗り心地も変わらず、車内の騒音は極めて低く、列車各部分は完全に正常な状態を保ち、テストは大成功に終わった。

 長距離、大運送量、高密度、所要時間短縮など北京-上海高速鉄道の様々な輸送ニーズに対応するため、CRH380BL型高速列車は、長い16両編成体制をとる。営業運転速度は350キロメートル、最高時速は380キロメートル、総定員は1004人。

 過去に鉄道試運転で記録された世界最高時速も、唐山公司が打ち立てた。2010年12月3日に実施された北京上海高速鉄道棗庄・蚌埠区間の調整総合テストで、国産新世代CRH380A型高速列車「和諧号」が最高時速486.1キロメートルをマークした。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年1月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古