2011年4月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:55 Apr 02 2011

中国富豪の平均年齢、わずか40歳

 胡潤百富(Hurun Report)が11日に発表したランキング調査報告によると、中国で1千万元以上の資産を保有する千万長者の平均年齢は39歳、保有資産1億元以上の億万長者になると43歳だった。男女比は男性7:女性3で、業種は不動産業と製造業が多かった。資産のほとんどは、投資回収と企業収益によって得られている。所有する自家用車は平均3.3台、腕時計は3,7個。プライベートタイムは、読書、旅行、ゴルフを楽しみ、60%は喫煙せず、好みのアルコールは赤ワインとウイスキー。主な投資対象は不動産と株券。腕時計、宝石貴金属、古代書画のコレクションを趣味とする人も多く、酒類のコレクションは自家用車を上回った。「国際金融報」が伝えた。

 個人投資の分野では、不動産が主導的地位を占めており、調査対象となった富豪の3分の1以上が、投資対象として不動産を挙げ、株券を選んだ人は25%のみ。また、芸術・骨董品や非上場企業に投資する富豪が急増していることも目立った。

 中国の富豪は、向こう2年間の中国経済について非常に楽観視しており、54%が「非常に自信がある」と答えた。投資リスクを避けようとする富豪は、前年比6%減少した。

 年間平均消費額について見ると、千万長者が190万元、億万富豪が250万元だった。年間消費額100万-300万元の割合は、前年比11%増の50%。旅行が引き続き中国富豪の主要な消費対象で、贅沢日用品、子供の教育費、娯楽・レジャー、プレゼント、コレクションがこれに続いた。

 千万長者の平均休暇日数は年間15日で、海外旅行へは年2.9回行っている。億万長者の休暇日数は年間平均16日、海外旅行回数は年3.5回。海外旅行の目的国はフランスがトップ。国内の旅行先トップ3は順次、三亜、香港、雲南。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年1月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古