2011年1月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Jan 17 2011

ASEANと中日韓3カ国、観光分野で協力強化

 2011年東南アジア諸国連合(ASEAN)観光フォーラムおよびASEAN中日韓観光機関高官会議が16日、カンボジアの首都プノンペンで開催された。会議に出席した各代表は、観光分野での協力強化を引き続き進め、地域における社会・経済の全面的な発展を推進することで合意した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 会議に出席したASEAN加盟10カ国と中国、日本、韓国の観光機関の高官は、これまでのASEAN・中日韓3カ国の観光分野におけるこれまでの協力成果を総括し、今後の協力のあり方について議論した。

 会議の議長を務めたカンボジア観光局のチャンタ局長は「ASEAN加盟各国に対する中日韓3カ国による観光分野における支援には、観光関連人材の育成、ASEAN地域観光のPR、本国国民の東南アジア旅行の奨励などがある。ASEANは、近く締結予定の『2011年-2015年ASEAN観光発展戦略的計画』を3カ国が支持し、ASEAN地域の観光業発展が加速され、同地域の社会・経済の発展を促すことを希望している」と述べた。

 ASEAN地域を訪れる中日韓3カ国の観光客は、増加の一途をたどっている。会議で発表された統計データによると、2010年にASEAN諸国が受け入れた観光客数は延べ7千万人、うち中日韓3カ国からの観光客は延べ1千万人。カンボジアだけでも、3カ国からの観光客は40%増加した。

 「2011年ASEAN観光フォーラム」は、15日から21日までプノンペンで開催されている。フォーラム開催期間中、ASEAN観光相会議、ASEANおよび中国、日本、韓国、インド、ロシア観光相会議、大型観光展も開かれている。

 同フォーラムは1981年以降、年1回開催されており、2010年はブルネイで開かれた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2011年1月17日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古