2011年1月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:03 Jan 27 2011

ペトロチャイナ 世界一のエネルギー企業の座を失う

 エネルギーコンサルティング会社PFCエナジーはこのほど、昨年の世界エネルギー企業時価総額トップ50ランキングを発表した。それによると、米エクソンモービル社が2009年に1位だったペトロチャイナを退け、時価総額3690億ドルで世界最大の上場エネルギー企業となった。ペトロチャイナは時価総額3030億ドルで世界2位(2009年の時価総額は3531億ドル)だった。「新京報」が伝えた。

 ▽シノペックはトップ10から脱落

 ランキングによると、エクソンモービル社の昨年の時価総額は2009年比7%増の3690億ドルで、世界1だった。中国A株の二大石油企業であるペトロチャイナとシノペックは昨年の時価総額が大幅に減少した。ペトロチャイナの時価総額は2009年比16%減の3030億ドルで、世界2位だった。2009年に7位だったシノペックは、昨年の時価総額が2009年比41%減の1016億ドルで、11位だった。10強に入ったもうひとつの中国エネルギー企業、中国海洋石油総公司(CNOOC)の時価総額は、2009年比51%増の1060億ドルだった。

 これらの変化は株式市場の変動にも反映されている。2010年以降、ペトロチャイナのA株価格は13.85元から11.22元に下がり、下げ幅は19%だった。シノペックのA株価格にいたっては14.18元から8.06元に下がり、下げ幅は43%に達した。

 一方、世界のエネルギーニーズ増加に伴い、エネルギー関係の株の価格は昨年、世界的に上昇した。データによると、昨年末現在、世界のエネルギー企業トップ50社の時価総額は合計3兆9千億ドルで、ナスダック市場の時価総額に匹敵した。PFCエナジーのロビン・ウェスト(Robin West)会長は、「近年、トップ50企業の時価総額はマクロ経済の動きに伴い変動している。ロシアの天然ガス生産大手NOVATEKは昨年、時価総額がほぼ倍となった。しかし、シノペックの時価総額は4割以上減少している」と述べる。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古