2011年1月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:48 Jan 27 2011

中国計画の世界最大級都市はロンドン26個分

 中国は今、世界最大のメガ都市建設を計画中だ。南方の珠江デルタ周辺の9都市を合併して、総面積1万6千平方キロメートルの都市を造る計画で、完成すれば英国の大ロンドン(都市部と近郊部からなる広域ロンドン地域。グレーターロンドン)26個分に相当し、ウェールズ2個分よりも大きな都市となる。オーストラリア紙「シドニーモーニングヘラルド」の26日付報道として、中国経済網が伝えた。

 同紙の報道によると、まもなく誕生するこのメガ都市は中国の製造業や輸出加工業の中心となり、広州市と深セン市を一直線でつなぐものになるという。合併の対象になるのは仏山市、東莞市、中山市、珠海市、江門市、恵州市、肇慶市などだ。

 世界では通常、人口が1千万人を超える都市をメガ都市と呼ぶ。中国のこのメガ都市の総人口は4200万人に達する見込みで、現在の世界最大のメガ都市である東京を追い抜く規模だ。

 また同紙の報道によると、今後6年間に合併対象の9市の間で150件を超える大型インフラ建設プロジェクトが始まる予定で、交通、エネルギー、水道、通信・ブロードバンドなどの分野に2兆元を超える資金が投入される見込みだ。プロジェクトが完了すれば、9市間の連携はますます強まり、全体で一つの整った生活圏が形成されることになる。また広州市では香港に通じる高速鉄道を建設する計画もある。

 このメガ都市計画をうち出した広東省都市・農村計画設計研究員の馬向明・総企画師は「この計画で構想するのは、都市間の融合が進み、住民がより自由に往来してさまざまな都市のリソースを共有できるようになることだ」と述べた。

 馬氏はこのメガ都市計画にはまだ名前がないことを明らかにしつつ、「『大ロンドン』とか『大東京』といった呼び方にはおそらくならわない。9都市が一つに合併した後に、一つの明確な中心都市というものはなくなるからだ」と述べた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年1月27日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古