2011年1月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:34 Jan 31 2011

エネルギー需要、今年の伸び率鈍化へ

 国家エネルギー局が発表したエネルギー経済情勢報告によると、マクロ経済のけん引により、昨年の全国のエネルギー経済の回復傾向は確実なものとなり、供給能力も益々保障され、エネルギー消費も持続的に回復、通年の全体的なエネルギー稼働率は安定を維持した。一方、今年の中国のエネルギー需要は安定的に増加するものの、伸び率はやや鈍化する見通し。人民日報が29日伝えた。

 同報告は、2011年の石炭、電力、精製油、天然ガスの需要状況についても分析。うち、石炭消費が依然適度な伸びを示すが、マクロ調整政策、特に再生可能エネルギー発展目標と第12次5カ年計画(2011-2015年)の省エネルギー・排出ガス削減の影響を受け、石炭の需要は減速し、年間を通して需要の全体的なバランスがとれる見通し。電力需要は安定した成長を維持、社会全体の電力使用量は2010年比9%増の4兆5000億キロワット時前後となる。新規増加予定の電力設備は8000万キロワット、累計電力設備は年内に10億4000万キロワットに達し、電力供給能力はさらに強化される。(編集KA)

 「人民網日本語版」2011年1月31日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古