2011年2月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:38 Feb 07 2011

2010年、中国と新興市場の貿易が好調に発展

 中国商務部によると、2010年の中国と新興市場の双方貿易は好調な発展ぶりを見せ、中国は貿易パートナーの主な輸出市場になったということである。

 統計によると、中国は日本、韓国、ASEAN(東南アジア諸国連合)、オーストラリア、南アフリカなどの国や地区の最大貿易パートナーと最大輸出先になったほか、EU(欧州連合)にとっても、第2位の貿易パートナーとなり、輸出規模も第2位となった。またアメリカにとっては、貿易パートナーとしては第2位、輸出先としては第3位となっている。

 また、中国商務部の姚堅報道官はこのほど、「今年、中国の対外貿易は、世界経済の回復鈍化や、貿易摩擦の拡大の可能性、生産要素のコスト上昇など多くの試練にさらされているが、対外貿易の構造を見直し、その転換に力を入れ、対外貿易の均衡を守らなければならない」と述べた。

 「中国国際放送局 日本語部」より2011年2月7日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古