2011年2月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:49 Feb 09 2011

中国 昨年の対日証券投資、4677億円の売り越し

 日本財務省が8 日に発表したデータによると、中国の昨年通年の対日証券投資は4677億円の売り越し(うち、昨年12月は1773億円の売り越し)となり、売越額は統計を取り始めた05年以降最大となった。東方網が伝えた。

 新華海外財経の報道によると、野村総合研究所金融市場研究室首席研究員の井上哲也氏は、「円高の勢いが止まり、中国は日本の短期債を売ることで利益を実現したようだ。一方で、中国は円建ての長期資産を持ちたがっている可能性がある。日本は中国の主要な貿易パートナーだからだ」との見方を示している。

 財務省によると、2011年度の日本の国民負担率は38.8%に達すると見られている。国民負担率とは、一定期間(一般的には1年間)内の国民所得に占める税と社会保障負担の割合で、政府による財政負担の重さを測る指標だ。38.8%は史上4番目に高い水準となっている。一方、税金の負担率は22%と、先進各国の中では低くなっており、このデータは政府が検討中の「社会保障と税の一体化改革」問題に影響すると見られる。

 日本銀行の白川方明総裁はこのほど講演の中で、政府は日本の債務に対する投資家の信頼度を維持するよう努力する必要があると指摘したほか、日本経済の復活については「規制緩和、税制改革、市場開放をはじめ政府の果たすべき役割は大きい」と述べた。また、国内景気の現状については「踊り場から脱却する蓋然性が高まってきた」との見方を示し、デフレ脱却のためには、経済成長力を高め、ゆとりある通貨政策を維持しなければならないと指摘した。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年2月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古