2011年2月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:19 Feb 14 2011

人民元レート「一度の大幅上昇は不可」専門家

 中国人民銀行(中央銀行)の易綱副行長(副総裁、国家外匯管理局局長)は13日、北京で開催された「人民元相場制度改革の影響評価」の課題成果発表会の席で、中国が市場の受給を基礎とし、通貨バスケット制を参考に調節する、管理された変動相場制度を実施することは、一貫して堅持してきたメカニズムであり、中国の社会主義市場経済体制の現時点での最良の選択であると強調しつつ、改革の過程では、国内・海外の経済情勢やタイミングも総合的に考慮する必要があると述べた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 同発表会は中国発展研究基金会が主催したもので、国務院発展研究センター、外匯管理局、中国社会科学院(社会科学アカデミー)、北京大学、中国交通銀行などの各機関の専門家による課題チームが、2010年末に終了した「2005年人民元相場制度改革の影響評価」をめぐる課題研究の成果を発表した。易副行長はこの成果を高く評価した。

 課題チームのある専門家によると、人民元レート改革で採用した漸進的な上昇の戦略は正しいものだった。一度に大幅に上昇する必要はないし、上昇してはならないという。

 同基金会の盧邁秘書長(事務局長)の説明によると、今回うち出された課題は、05年にスタートした人民元レート形成メカニズム改革が中国のマクロ経済、輸出入貿易、資本の流動、外向型産業、銀行業に与えた影響を、政策の評価という方法によって分析する、というものだった。

 盧秘書長によると、産業レベルでは、レートの調整が中国銀行業に目立ったマイナス影響は与えず、外向型企業のグレードアップやモデル転換には積極的な役割を果たした。外向型企業のレート調整に対する受け入れ能力は多くの人の予想を上回るとみられるという。

 盧秘書長は、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間には、一種の重要な価格といえるレートの、経済構造の調整に対する積極的な役割を十分に発揮させる必要があると強調するとともに、レートはマクロ経済や関連産業の発展に影響を与える唯一の要因ではないとも強調する。また、今後も引き続き人民元レート形成メカニズムの改革を深化させると同時に、レート改革と給与制度改革、価格改革、資源税改革といった一連の措置との総合的な調整を行う必要があると指摘する。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年2月14日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古