2011年2月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Feb 16 2011

浙江省:中国「シイタケの里」対日本輸出6割減

 中国はシイタケの最大の生産国であり、日本は中国のシイタケの最も重要な輸出国である。近年、日本の食品輸入に関する安全基準は日に日に厳しくなる一方で、中国からのシイタケの輸入は減少傾向にある。シイタケの名産地である浙江省慶元県の対日本のシイタケ輸出は6割ほど減少したという。

 中国食用菌協会の副会長で、農産品加工大手・大山合集団の毛?傅福取締役会長によると、2009年、中国のシイタケ生産量は約340万トン、生産高は350億元(約4389億円)だった。しかし、ここ2,3年は日本への輸出が減少し続けている。

 慶元県食用菌管理局の張世炎局長は「日本の農産物に対する品質基準は格別に厳しく、人体の健康に対する安全基準を超えており、もはやこれは、貿易を妨げるバリケードである」との意見を示した。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年2月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古