2011年2月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:19 Feb 16 2011

専門家:GNPでは中国が日本より遅れている

 中国がGDPで日本を抜き、世界2位になったことについて、国家情報センター発展研究部戦略計画研究室の高輝清主任は取材に対し、「データからみれば、非常に歴史的意味をもつ変化であり、誇りに思うべきことである。しかし、私たちは中国経済と日本経済の間に依然として差があることを認めなければならない」と話した。

 「中国の経済改革に対する肯定」

 高輝清主任は次のように述べた。「中国がGDPで日本を越えることは以前から予測されており、今回、正式に世界2位になったと聞いても驚くことはなかった。日本は世界2位の座を数十年もの間守っており、今回、中国が日本を越えたことは、データからみれば、重大な意義をもつ。これは中国の過去30年以上にわたる経済改革を肯定する結果であり、30年間の努力の成果でもある。とりわけ2010年、中国経済は金融危機からの回復をけん引し、世界経済の回復に大きな貢献を果たした」

 「中国のGNPは日本には遥かにおよばない」

 「しかし、私たちはデータの裏に隠された深層部分を見極めなければならない」と高輝清主任は述べた。「中国の一人当たりのGDPは日本に大きく引き離されている」。これは一般的によく聞かれる意見であり、まぎれもない事実である。また、一人当たりのGDP以外にも、中国のGNPに関しては、日本との間にかなりの差が存在している。

 高輝清主任は次のように解説した。「GDPは「国内総生産」、GNPは「国民総生産」を指している。簡単にいうと、GNPはGDPに対外投資など海外からの要素所得を加えた付加価値の総額である。」

 GDPとGNPの定義に関する学術的な論争は後を絶たないが、高輝清主任は「GDPと比べ、GNPのほうが国の経済総量や国の経済力をより具体的に反映させている」と述べた。とりわけ、日本は海外資産が豊富で、大部分の収益を海外資産から得ている。海外資産収益が国内収益に相当しているといっても過言ではない。高輝清主任は「GNPで中国は日本に遥かに及ばないことが分かる」としている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古